SSブログ

関西の映画村ってやつに行ってきたよ。(2日目編) [雑談]

IMG_0742.jpeg


関西の映画村の話。二日目(最終日)


朝、はや〜くに叩き起こされる。

ホテルの隣が目的地なのに何故にこんなに早く・・・

「さっ!全部荷物持って!チェックアウトするけど、このホテルで荷物を預かってくれるんだって。必要な物以外、全部置いていって!」


・・・・持ち物チェック。

1)チケットホルダー(何かバーコードの印刷物が挟んである。)

2)WAON

3)iPhone SE

4)ポケットティッシュ

5)ハンカチ

6)そうだった。Apple Watch


終わり。


チェックアウト後、我が妻がなんだか怒ってる。

「ねえ!なんで?なんで手ぶらなの?お財布も持ってきてないの!?」


昨日わかったんだけど、この施設、Waonがあれば、買い物に不便しないよ。現金も置いてく。


旅行会社で色々セッティングしてもらったのか・・・何か、「正規営業開始前に入場」できるらしい。

「あと15分しかない!早く早く!!」

なんかもう・・・元気だねえ・・・土曜日の朝から。筑波サーキットでイベントでも無いのにこんな時間から行動開始って・・・エラ〜!!!!


また入場できない。また顔認証システムが・・・

「あ、お客様、じっとしていてください。」

「ワレワレハチキュウニセンニュウシテイルウチュウジンデ(以下略)」


一気に不機嫌になる。二日連続で私を拒絶ってなんだよ。と、やっとゲートを通過したと思ったら、若いお姉さんが・・・

「あの・・・アンケートを・・・」

「ヤダ。断る。」


ものすごく不機嫌に答えた。大変申し訳ない。特別入場枠のギリギリの時間で何故に目の前に現れるんだ?

今度アンケートで声がけするなら、バニーガール姿で立ち塞がりな。朝8時から。


我が妻に引っ張っていかれたのは、「火事の映画」の施設。

営業開始時刻前だからなのか、あまりお客さんがいない・・・と思っていたら、スタートしてもそんなに集まらなかった。

「人気がないのか?なんか古そうだものな。この建物」って思っていたんだけど・・・すごく驚いた!

火災の怖さと音!それと爆風まで感じる施設なんです。周りにいた小学生ぐらいの男の子達が泣き出してしまうぐらいすごい迫力!


「そうか。この設備が、この施設全体の”始まりの地”だったんだな。そうなんだよ。ここは、夢の国じゃなくて、”映画の撮影設備の中に一般人が迷い混んじゃった。”という設定だったんだよ。いつの間にか、最初の志を忘れてしまって、客からいかに金を巻き上げるか?に変容してしまったけど、全ての始まりは、この設備からだったんだ。」


良かった。この施設を体験できてよかった。ここに入っていなかったら、前の晩のパレードの件以来、ずっと不機嫌なままだった。


次は、一転して水の施設らしい。

IMG_0730.jpeg

昨日、使いまくっていた魔法のチケットは、今日はまったく持っていないらしい。本当は、昨日のうちにこの施設も魔法のチケットで入るつもりだったらしいんだけど・・・間に合わなくて、無駄になったんだって。


空の彼方で愚民どもがキャーキャー言っているのを眺めてじっと待つ。

IMG_0714.jpeg

ん・・・・?

あれは????

IMG_0718.jpeg
避雷針だ。
へえ。ちゃんと「まともな構造」の避雷針を使っているんだ。
先日、ある地域の地下鉄に乗っていて、地上に車両が出た時に「バカな形状の避雷針」を大量に立てている事業者がいて、呆れちゃったけどね。(地下鉄なのに。ものの見事に”騙された”ことを顧客に見せびらかしている状態。おかしなものを高額で買っても、利用者の料金を値上げして巻きあげられるからね。)
やっと入場開始。
ズンズン最前列に向かっていくと・・・我が妻にものすっごく怒られた。
「そこまでいかなくていい!戻って!!はいっ!ここに座って。」
「せっかく前の方が空いているのに・・・」
「あそこは、何も知らない人達が行く”幸せの場所”なの。そっとしておいて。黙って遠くから見てるの。」
「はあ。」
何を言っているんだろう・・・・と思ったら・・・・悪魔のアトラクションだった。これ。
なんか・・・前に出てきた演者さん達が・・・なんかごっつい兵器を持ってる。まあ、ショーだからね。小道具ね。って思っていたら、火炎放射器!じゃなかった水があ〜!!
普通じゃない!
子供の水鉄砲の比じゃない!なんで!なんでバケツ持ってきちゃうの?なんでさらに注水してるの!!!!
「これ・・・これ、お客さんすっごく怒るんじゃないの????」
って、我が妻に叫んでたら・・・
「さあ、誰かオレ達と勝負するかい?誰か勇気がある奴が出てきたら、この水攻撃を止めよう。」
「あんたっ!頭下げて!!じっとしていて!!!」
何?この銀行強盗に立てこもられちゃった感。屋外の施設なのに。と思ったら、観客席から若者が。
「俺と勝負しろ。俺が勝ったら、みんなを解放しろおおおお〜!!」
我が妻が、下を向いたまま何か言ってる。
「勇者じゃ。勇者が現れた。」
いや・・・若者よ。もし、チミが勝っちゃったら、観客の皆さん開放されて帰っちゃうから。まだ、ショーの本番が始まってない。
うん。大丈夫だった。若者は負けて、バケツの水を頭からかけられてた。全部。
大丈夫・・・なの・・・かな。なんとかウイルスの時期なのに。どうやって帰るんだ?アレ。
ずぶ濡れの若者がタッタ・・・と元の席に戻った後、ショーの本番が始まって・・・これもすごい迫力。「冬の寒い時期に水のショー?」なんて思っていたのが、ふっ飛んでしまった。すごく楽しかった。
この後は、広い敷地内をふらふら。
IMG_0686.jpeg
この施設、わざわざ有料で色々な乗り物に乗らなくても十分楽しめるんです。
ふらふら歩いていると、色々なところで、ショーをしています。
IMG_0693.jpeg
IMG_0696.jpeg
建てられている銅像の頭に雀も乗ってるし。
IMG_0688.jpeg
ん????
IMG_0689.jpeg
うっひいいいいい〜!!!
怪奇!雀が吸い寄せられる銅像!!!
銅像に震え上がっている私をそっちのけで、我が妻がプリプリ怒ってる。
「ショーの時間割りがわからない。これじゃあ、どの順番で回ればいいのか考えられない。千葉のネズミの国なら、ちゃんと時間割表が配布されているのに。」
ふ〜ん・・・・嫌な予感がして、質問をしてみる。
「ひょっとして、iPhoneにアプリを入れるように勧められなかった?チケットを買った時に。それを使った方が、タイムスケジュールとかが分かるとかって。」
「言われたよ。でも、そういうの面倒くさいから入れない。」
ほっとした。意味がわかった。なぜ、入場時に顔認証なのか。なぜ、園内で紙媒体が配布されることがほとんどなく、かつ、その内容も少々不自由なのか。
旅行会社でチケットを購入する時に一通りの情報を記入する。
そのチケットを使って、入場ゲートを通過する時にバーコードチェックだけでなく、顔認証にもかける。
顔認証とチケット購入時情報は、完全に結びつけられる。本人がゲートを通るしかないんだから。
園内の監視カメラでその導線をトレースすることもできるけど、監視カメラの視野外(あるいは、視覚内にオーバーフローの人数が写り込んだ場合)は、スマートフォン内にインストールさせたアプリケーションを使って、位置情報、時間を収集することができる。
施設内での支払いが、WAONシステム以外は、非常に限定されたPayシステムだけを認めているのも利用者の行動情報提供で合意できたシステムだけということなんだろう。
IMG_0699.jpeg
ここはアメリカ。
そこここに合衆国国旗がたなびいてる。
笑ってしまう。
この国は、自国の国旗を掲げると非難する人々がいる国。
なのに自国内で、大量にアメリカ国旗が掲げられていることを滑稽に思わない国。
他国の国旗が大量に掲げられている施設なんて・・・他にあったかな?
ハウステンボスにも行ったことがあるけど、国旗なんて・・・記憶にない。
あの千葉のネズミの国の対岸には、ドイツ村なる駐屯地があるらしいけど・・・そこはドイツ国旗なのかしら?
まあ、アメリカ合衆国の国旗が掲げられていても違和感を感じないっていうのは・・・そう躾けられているものね。生まれた時から。
占領地は、未だに国内にたくさんあって、そこは日本でありながら、合衆国の法律しか適用されない地なんだから。
そんなことを思いながら、我が妻に連れられたホールで待っていると・・・
真っ赤なスーツを着たお姉さんが、壇上に登場。
「はい皆さ〜ん!今日はどちらから来ましたか〜!!遠くから来た人、手を挙げてくださ〜い!!」
「はいっ!そこの彼!どこから来ましたか?」
「奈良!」
クッソ近い。全く人の話を聞いてない。言いましたよねえ?遠くから来た人!はいっ!」
「ん〜・・・そこのボク〜どこから来たの?」
「あの世」
水を打ったように静まり返るホール。(どうすりゃいいんだ?)
いや、あの・・・だ〜いぶ、外国の方が多い状況なんだけど、この日本語のやり取りって一体・・・っていうか、関西人のノリについて行かなきゃいけないってところが・・・拷問。
まあ、楽しかった。この「ごくごく最近、見事にズっこけた続編映画」アトラクションも。
千葉のネズミの国と物凄く差があるのは、「食事」
こちらでは、とにかくゆっくり座って、食事をすることができる。
すごく高いけど、みんな美味しい。
ただ、じゃあ、また再び来るかって言われると・・・
千葉のネズミの国でいいよ。
あっちの方が、「全ては金次第。金を吸い取られている。」感じがしない。
なんたって、夢の国だからね。

nice!(2)  コメント(0) 

関西の映画村ってやつに行ってきたよ。(初日編) [雑談]

IMG_0660.jpeg
金曜日朝7時。真っ青な空の先にネズミの国の象徴が見える。

ワラワラと・・・駅のホームに人々が降り立つ。ネズミどもに仕える下部の皆さんだ。大変だ。この時間には、傅くネズミどもの前に揃っていなければいけないのだから。

「ねえ。ここで降りるんじゃないの?テーマパークに連れて行くって、ここのことでしょ?」

「ああ、我が妻よ。違うんだよ。どうやらネズミどもの国でもなんとかウイルスとかいうのが蔓延しているらしくてねえ・・・ネズミ共も大きなマスクをしているらしいからな。(嘘です。信じないでください。)今回は、この国はパスだ。」

新幹線で大阪に向かう。


我が妻が無事に復帰できたことを記念して、前々から行きたいと言われていた場所に連れて行くのだ。

新幹線のグリーン車の中で行き先を告げると・・・・だ〜いぶ前に誰かさんと行ったことがあるらしい。

え〜と????

動揺。激しく動揺。覚えてないぞ。そんな事。誰と行ったのよ!(修羅場)


てっきり、行ったことがないからしょっちゅう連れて行くように言われていたのかと思っていたけど・・・

どうも「私と行ったことがない。」ということだったらしい。


・・・・きれいな富士山を眺めながら思う。

「筑波サーキットに二人で行った方が良かったなあ・・・」(ダメなの?)


順調に「ユニバーサルシティ駅」に到着して、駅の近くのホテルに向かう。

ズンズン歩いて行く我が妻に一生懸命ついていきながら、不安になる。

「こんな午前中の早い時間にホテルに行っても、受付してくれないだろう?」


そうじゃなかった。

部屋の中まで入れてくれないけど(そりゃそうだ。整備中なんだから。)荷物を全部ホテル側が預かってくれるのだ。

すごくホッとした。一気に荷物が軽くなった。これなら、今日一日楽しめるかも。


我が妻が家のプリンターでプリントアウトしてきたチケットを使って入場しようとしたけど・・・いきなりトラブル。

バーコードを読み取ってくれない・・・じゃなくて、顔認証カメラシステムが認識してくれないらしい。私を。

「スイマセン。チキュウニセンニュウシテイルウチュウジンナノデ、ウツラナイデス。カメラ。」

「あ〜はいはい。ちょっと待っててくださいね〜。はあ〜い、もう一度こちらを向いてくださ〜い。」


係員さん、私の渾身の演技を完全無視か。なんとか入国完了。

まあ、なんていうの?「入国審査」って感じにしてくれればいいのにね。「既にあなた方は、映画の世界に入っていますよ。」みたいな。

「審査エラーのブザーがなった人は、着色弾を撃ち込まれちゃう。」って感じで。で、罰ゲームとして、厨房で1日働かされるの。え?ひどい?


違うだろ。みんな。

「映画の国の裏側に潜入!」みたいな特別感があるだろ。1日ただ働きだったとしても!


テクテク歩いていると・・・ネズミの国の入り口あたりで見ることができる風景が・・・

IMG_0605.jpeg


なん・・・か・・・ね。

キティちゃんって、確かに外国人にものすごい人気だけどさあ(この辺りは、日本人には理解できないかも)

お前たちは、外国資本に売られちゃったのか?猫の女の子よ。(ダメです。キティちゃんは、猫ではありません。)


IMG_0614.jpeg

歩いているキャラクターの皆さんと写真を撮るとか・・・まあ・・・ネズミの国と同じだよね。と思っていたけど・・・

IMG_0615.jpeg

子供達にいぢめられているディアダニエルさんの図。

とか

IMG_0618.jpeg


告られているディアダニエルさんの図とか。


ああ・・・うん。確かにネズミの国とは、違う世界観だな。立ち直り早いな。ディアダニエルさん。


「エクスプレスパスってのをとったから、早くっ!早く魔法少年の学校に行くの!!」
あ〜はいはい。
ズンズン歩いて行く我が妻の後ろをついていきながら、気になったのは・・・


IMG_0628.jpeg

高速道路が見える。かなり近い位置に。

なんかね。なんか・・・現実世界がそこにあるぞ。いいのかね。これで。

と思っていたんだけど・・・

IMG_0634.jpeg

魔法少年の学校は全然違ってた!

IMG_0642.jpeg
IMG_0662.jpeg


「別の施設として、お金を取れるよ!」というぐらい、力の入れ方が違ってた!!

ただ、よくわからなかったことがあって・・・

我が妻は、何か魔法の呪文がかかるチケットを持っているらしいんだけど、入り口そのものが違うということがわからずにだ〜いぶ歩いた挙句に、「下々の者共と同じ入り口」に立ってしまったらしい。
しばら〜らく、下々の皆さんと同様に立って待っていた後・・・また長い距離を戻る。
最初の入口で、「呪文のチケット」を見せたところ・・・全然別のルートを案内された。


IMG_0663.jpeg

案内された先にこの看板があってもね。なんだこれ。

中に入って、アトラクションを堪能したんだけど・・・そこで発見が。


私は、ものすごく楽しめたんだけど、我が妻が具合が悪くなってた。一発目のアトラクションで。

どうも怖くて、全く目をつぶっていたらしい。


変だなあ・・・とは思っていたけど、次のジュラシックパークの乗り物で確定。

どうも「動きがあるのアトラクション」は、体が受けつけなくなっているらしい。大病の影響がこんなところに出るとは・・・


それでも「過去に乗ったことがある。」というジョーズのアトラクションに向かう。どうも、これは自信があるらしい。

たくさんの人々が、とにかく並んで待っている。どこもかしこも。それも明らかに日本人よりも海外のお客さんの方が多い。

正直、平日のせいなのか・・・日本人2割 外国のお客様8割という感覚。

ジョーズのアトラクションも並んで・・・と思ったら、また魔法のチケットを使うらしい。

「ちょっと待って。はい!これを着て!!」


ホテルで荷物を渡したはずなのに我が妻のバックが重くて・・・出てきたのは、立派な「カッパ」。ポンチョじゃなくて。

「なんで?」

「濡れるの。ずぶ濡れになるの!」

「あのさあ・・・それ、持っていたなら、さっきのジュラシックパークの乗り物で・・・」

「まさか、一番後ろなのにあんなにずぶ濡れになると思ってなかったの!今度は着て!!」


はいはい。

並んでいる人々の脇で、カッパを着ていると・・・みんながこっちをみてる。ボードは・・・150分待ちってなってるね。平日なのに。


みんなの恨めそうな視線を感じながら、ボートに乗りこむ。


「あれだろ?ネズミの国にある”ジャングルなんとか”っていう・・・ボートのお兄さんが不憫だから、観客の皆さんで、話を合わせてあげるという・・・

と思いながら、出発したんだけど、これが面白かった!すごく面白かった!!

船長役のお姉さんのお話が面白かったというのもあるけど、暗くなった時間帯に体験できたのが良かったのかも。正直、何が起こるかわからないまま進んで、すごく驚かされた。まあ、確かに・・・これなら150分待ちをしたくなるかも。


この後は、今日のメインイベント、特別ショーというかパレードみたいなものがあるらしい。ネズミの国のあれね。「エレクトリカルなんとか」ってやつの映画の村版ね。


「特別な券を手に入れたんだけど、最上級版じゃないから、どんな感じに見えるんだろう?とにかく前の方のはずだよ。」

IMG_0700.jpeg


あ〜・・・うん。電飾された木ね。

で、その前に座って待つ。と。

IMG_0702.jpeg

ああ・・・うん?

なん・・・って言っていいのか・・・楽しい一日の終わりが、濡れた路面に直に座って待つ。と・・・

座らない・・・わけにいかないね。ロープで囲まれたエリアは、ギッチリ人が集まってる。我々が座らないと、後ろの人達は見えない。


まあ、ほら、アレだ。雨は止んだからね。瞑想の時間ってことで。

我が妻を濡れた路面に直に座らせるわけにいかないので、私の上着を敷物にする。

待ち時間の間、今日一日の振り返りをする。


我が妻にこの施設のチケット系は全部任せてしまったから、状況がよくわからないまま、一日を過ごしてしまったけど・・・「とにかく金さえ払えば、待ち時間なしで施設を堪能できる。」ってことはよくわかった。

まあ、私がいつも思っている「人は金で動く。」を体現できる施設だよ。本当に。

ただ、この施設が成立できている理由は・・・「千葉のネズミの国」が存在しているからだ。

「ネズミ達の呪文」に日本人達が繰り返し洗脳を受けたおかげで・・・この手の施設が成立する下地ができ上がってる。

なんていうか・・・この施設で一番学んだことは・・・「アメリカ式資本主義の実地体験。日本にいながらにして。」ってことなんじゃないか?

ここに比べたら、ネズミの国での費用の方が格段に安く感じるから不思議だ。


係員さん達が、一生懸命設備の床面を拭きとっている。

ここでダンスを・・・無理じゃないか?ダンサーさん達は、本当にこんな状況で実行するのか?


「本日は、天候悪化のため、特別プログラムで実施します。」


やるのか・・・大変だぞ。これは。と思ったら・・・

IMG_0705.jpeg

ステージには、誰も現れなかった。誰も。

音楽は大音響で鳴り響くけど・・・何も・・・何も起こらない。

照明が少し動くぐらい。


なん・・・だ?何が起きているんだ???


一番前の列に陣取っていた女性が柵を超えて、通路を歩き出す。

それを合図にしたかのようにまず、若い女性陣が次々に立ち上がって、帰り・・・帰る方向だね。あれ。

IMG_0704.jpeg
呆然と立ち尽くす子供達の図

みんなワラワラと帰り始める。

冷たい路面に座って待っていた外国からのお客様とか、車椅子で混雑した通路を帰っていく人達を見て、いたたまれない気持ちになった。

すごいなあ・・・「この天候下、並ぶかどうかは個人の判断だ。」を徹底しているんです。


どうするんだろう・・・私達を含めて、余計なコストを払って、優先席を購入した人達も「待ってたお前らが悪い。」という路線なのか?


と思ったら、放送がかかる。

何か、「払い戻し」の券を配るらしい。


その場所に向かうと・・・ものすごい行列が。

すごいなあ・・・あれだけ冷たい場所で待たされて、また並んでるよ。みんな。並んでいるのは・・・どうやら日本人だけみたいね。

まあ、海外からのお客様はツアープログラムだから、気にしないのか。


まあ・・・なんていうか、「お金を払って入る施設」で、かつて無い体験ができる場所だったよ。USJ。

あれですよ。アレ。

中学校と高校は、修学旅行に海外に行くんじゃなくて、ここに来た方がいいですよ。

ユニバーサルスタジオジャパンを修学旅行の目的地にする理由づけが苦しい?


「金を持っている者と持っていない者の差を体感できる施設。金を持っている側にだまされないために学校の勉強が、まずは大事なんだよ。」


企画書の先頭ページに書いていただいて。んじゃ、健闘を祈る。



nice!(2)  コメント(0)